院長あいさつ

院長プロフィール

院長の草場です

名前 :草場  光生(くさば みつお)
出身 :名古屋市南区
経歴 :自動車部品製造会社を経て
    頭痛専門セラピストに転身
血液型:O型
趣味 :ゴルフ、旅行

ごあいさつ

患者さんの笑顔は嬉しい!

さくら本町整体院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
頭痛専門セラピストの草場と申します。
 
頭痛で苦しみ来院された患者さんを『頭痛で悩まない人生』に変えてしまう素晴らしいお仕事をさせていただいています。
 
頭痛セラピストとなって、私の一番の喜びは、患者さんの笑顔を見ることです。初めて弊院にお越しになられた際の患者さんは、うつ向き加減で痛みをこらえられたお顔で来院されます。
 
治療が始まり来院される度にお顔がにこやかになって来られるのを見ると本当に嬉しくてたまりません。患者の皆さんは、雄弁に語られ、こんなに明るい方だったんだと驚かされることも度々です。そんなとき、頭痛治療に携わり本当に良かったと思う日々を過ごさせていただいております。

そんな私の頭痛セラピストに至った道をご紹介します。

残りの人生、どうするか?

<なぜ?頭痛セラピストになったのか!(その1)>

 私は33年間サラリーマンをしてきました。何を今さらセラピストなの?と、勤め先を早期退職する際に、誰からも尋ねられました。

  大学を卒業し、就職するのが当たり前、新入社員の頃は、怖いもの知らずで見るもの聞くもの珍しく仕事が楽しくて仕方ない。それが中堅になり、ベテランになり、そして管理職になって行く。普通のサラリーマンの生活を当たり前のように何の疑問も持たずに過ごして来ました。

  それが50歳になって、あと自分には現役生活が10年であるという現実を知ったとき、このまま定年までひたすら淡々とサラリーマンを続けていっていいのかと思い始めました。

確かに、多忙な業務を続けていました。それをやりがいと認識していたのでしょうか。
しかし、自分は、今まで何をして来て、この後何をするのだろう?と。

・このまま、日々の忙しさを理由に定年まで続けていいの?
・定年となって振り返った時、何か自分に残るものはあるの?

と、徐々に自分に語り掛けるもう一人の自分が居ました。

人生の次なる目標が見つかる

<なぜ?頭痛セラピストになったのか!(その2)>   

 退職前の私の仕事は、従業員2500人ほどの自動車部品製造会社の人事マネージャーでした。
 人事のなかで労務管理という従業員の就業に関わる仕事をしていました。

  労務管理の仕事は、給与関係、従業員の働きやすい制度作り、従業員の社会保険、健康保険などの手続きの業務などがあります。また、従業員の勤怠管理を行う部署でもあり、病気、怪我、産休、育児休暇などの長期休暇をされる方々の管理をする業務もありました。

  以前、頭痛が原因で、突発休みをされる従業員の方がいました。製造現場では、突然休まれてしまうと、人の調整をしないといけません。突発休みが連続するため、職場より相談があり、その従業員の方にヒヤリングをしました。

 その方が言われたことは、朝起きて、立っていられないくらい頭痛がひどく起きられないということでした。職場の方には申し訳ないと思いつつどうにもならないと。

  当時の私は、その方の頭痛の悩み、背負ってきた苦労を理解してあげられなかったので、会社の就業ルールどおり診断書を病院からもらってきて、必要であれば会社をお休みし治療に専念してしっかり治してきてください。というアドバイスをしただけでした。

  その方は、その後、会社を休業されました。2カ月ほど治療され、職場に復帰。しかし、しばらくすると、また頭痛で休みがちになってしまいました。再度、ヒヤリングをしたところ、病院で検査もしてどこにも異常はない。しかし頭痛は治らない。薬を飲むけど効くのはその時だけで、また痛くなる。もうどうしようもなく、これからの人生も頭痛とうまく付き合って行くしかない。という悲観的な話を聞いたのでした。

  頭痛とは、人の人生を狂わせてしまうほどの大きな病気であるということを初めてこの時、認識しました。

  それから1年くらいの月日がたちました、たまたま、自宅でネットサーフィンをしていた際に頭痛治療を教えられるある先生のブログに遭遇し、私の人生は変ったのです。

  頭痛で悩んでいられる方々は日本だけでも3000万人も居られることを知りました。
多くの重症患者の方々が苦しんで居られることもそこで知りました。

 その先生は、日本全国の多くの重症患者さんを救って来られ、患者さんから大変感謝されているということでした。ここで自分の今後の将来の進みたい道がパッと見えたんです。

 自分も、この手で頭痛患者の方々を救おう!頭痛患者さんの苦痛、悩みを解消してあげよう!人の役にたつ仕事をしよう!

やっと今までのモヤモヤした気持ちが晴れました。そこで、先生が開かれている頭痛治療の養成塾で1年間学び、開業に至りました。

85歳の患者さん、救えず

 

<第1号の患者さんは救えず!>

 第1号の来院者は、85歳の男性で娘さんがチラシを見て勧められてのご来院でした。長年に渡る頭痛でのお悩み、他に肩こり、腰痛、高血圧、心臓疾患などを持たれた方でした。
 少々舞い上がりながらの問診、施術でしたが比較的落ち着いて対応ができたことを記憶しています。しかし、結果は3回通院いただきましたが、頭痛は改善できず治療を諦められてそこで終了となりました。

 当時は、自分の技術に自信もなく、ただただ、己の未熟さを反省するだけでした。

<今の私は違う!>
 今の私のレベルであれば、治療技術、経験、知識は、当時と比べて何倍もあり、改善できたかもしれません。
 仮に3回で結果が出なかったとしても、私の頭痛治療にかける気持ちをしっかりお話しして、治療の継続を提案し、必ず患者さんの頭痛を改善しようと試みようとするはずです。

 

<改善効果はある!でも足りない!>
開業後まもなく5年目。約600名の頭痛でお悩みの方々に来院いただき、そのうち、420名ほどの方に継続して通院治療していただきました。

 通院いただいた方の頭痛改善率は、94.5%で、多くの方が改善効果を実感されています。ただ効果については患者様それぞれに個人差があるのは事実です。

 しかし、約5%の方は、残念ですが全く改善されず、治療を断念していただかなくてはなりませんでした。

 開業時に習得した頭痛治療の手技の効果があることは事実ですし、日本全国に同門の先生方が成果を出されています。しかし、手技のレパートリーが少なく、治りが悪い患者さんに同じ治療しか出来ない葛藤があり心を痛めていました。

 そこで、違った頭痛治療で定評がある先生に新たに教えを請い、頭痛治療の間口、奥行きを広め、より一層の治療効果を上げることができるようになりました。
 
その後の患者さんの改善実績が上がったことはいうまでもありません。

頭痛が治ると家族が元気になる!

 

<患者様への想い>

 初めてご予約をいただく方は、ご自身の頭痛を何とかして欲しいという一念でご連絡をいただいています。
 そのご期待に沿うべく施術体験をしていただき、結果は、半信半疑でも治りたいというお気持ちで通院を決意される方、頭痛を私に全て託して通院いただく方がおみえになります。

 その皆様方の熱いお気持ちをしっかり受け止めて、少しでも早く頭痛が気にならない生活に戻っていただけるよう引き続き、日々努力していきます。

口数少ない院長です 笑

<追伸>

 私の人となりは、口数が多い方ではありません。しゃべり上手ではないので接客はイマイチかもしれません。が、私はセラピストとして、患者様の1番の理解者となろうといつも心がけています。
 頭痛は改善したのに継続して通院いただいている方々も多いです。気の利いた会話は出来ませんが、日頃の溜まった誰にも話せない事をお聞きする事は出来ます。
そんなことで治療中も、治療後も皆さんの良き理解者になれたらいいと思っています。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

052-746-2123

<受付時間>9:00~19:15
     土曜は17時まで
<定休日>日曜
     祝日は不定休

LINE、フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/1/17
ホームページをリニューアルしました

さくら本町整体院

住所

〒457-0006
愛知県名古屋市南区鳥栖1-15-24 サン鳥栖 301号

アクセス

名古屋市営地下鉄 桜通線 桜本町駅1番出口より徒歩30秒
駐車場:コインパーキング利用・駐車券進呈サービスあり

受付時間

9:00~19:15
(土曜は17:00まで)

定休日

日曜(祝日は不定休)