頭痛の種類

 日本には約2000万人以上の頭痛を持った方がいると言われています。頭痛でお悩みの方のほとんどが、痛み止めのお薬を飲まれて耐えていられるのが現状です。

 当院で治療をさせていただく方は、慢性頭痛という痛みが繰り返し起きる頭痛を持った方が対象で脳腫瘍、クモ膜下出血などの脳の病気による頭痛には、対応していません。

  ここでは、頭痛にはどんな種類があるのかをご説明していきます。あなたの症状に合わせてどんなタイプであるかを知っておくといいでしょう。

一般的な頭痛の症状で各頭痛を区分けしてみました。1つの頭痛に区分けされるのではなく、皆さん色々な頭痛を持っていられると思ってください。ご不明な点はお気軽にご相談ください。

緊張型頭痛

  • 1日中頭が重くて不快
  • 頭全体を締めつける頭痛
  • 首のつけねの痛み
  • 左右後頭部の痛み
  • 目の奥がギューとなる痛み
  • 側頭部がキリキリする痛み
  • 肩こり、首こりがひどくなって頭が痛くなる
  • 頭痛から吐き気がひどくなる
  • 頭痛を伴うめまい
  • 眩しい光から頭痛になる
  • 人ごみの中にいると体調不良になる
  • ストレスが続くと頭がガンガンする
  • 台風、気圧の変化で、頭痛になる

偏頭痛

  • 視界にギザギザが現れだし、その後頭痛が来る
  • 心臓の拍動に合わせてドクドク痛む
  • こめかみ、側頭部に痛みが出る場合が多い
  • 目の奥がギューと掴まれる痛み
  • ズキン、ズキンとした頭痛と共に吐き気がある
  • 眩しい光から頭痛になる
  • 休日になると頭痛になる
  • 緊張から解放されて頭痛になる

混合型頭痛

緊張型頭痛と偏頭痛の両方の症状を持たれた方です。

最近の頭痛は、この頭痛が多いです。

群発頭痛

  • 個人により期間はばらばらだが定期的に激しい頭痛がくる
  • 頭痛の期間は1〜2ヶ月毎日続く
  • 1日のうちほぼ決まった時間に頭痛がくる
  • 頭痛は1時間から2時間続く
  • 頭痛がおさまると普通の生活に戻れる
  • 目の奥をえぐられるほどの激しい痛みがある
  • 金槌で頭を殴られるほどの激しい痛みがある
  • 痛んでいる間は、涙が止まらない

薬物乱用頭痛

  • 1ヶ月に15日以上、鎮痛剤を飲む
  • 頭痛の種類は、問わない

緊張型頭痛

特徴

緊張型頭痛とは、頭全体をハチマキで締めつけられたり、目の奥をギューっと締めつけられる、頭全体が重いなどの症状が毎日のように起こる頭痛です。

多くの人は、やたら肩がこったり、首が張ったり、体がダルいことを頭痛と一緒に訴えられます。しかし、我慢できる痛みが多いため何もできなくなるほど、日常生活に支障をきたすことはあまりありません。

ですが、ほとんど毎日のように頭痛が起こり、仕事、生活していく上で痛みというストレスを感じている人が多いので市販の頭痛薬を飲まれている方が多い頭痛です。

原因

ずっと同じ姿勢で机に向かっているといった身体的なストレス、人間関係、仕事からの精神的なストレスにより、神経や筋肉の緊張が高まり、その結果、痛みを調節する脳の働きがうまくいかなくなって起こる頭痛だと考えられています。

偏頭痛

特徴

 偏頭痛とは、頭の片側、または、両側が心臓の拍動と共にズキズキ、ガンガン激しく痛みがある症状です。
 日本には約840万人ほどいると言われ、特に女性に多い頭痛です。

 その痛みは日常生活に支障をきたすほどで、月に1〜2回、多いときで週に2〜3回頭痛がおき、一度頭痛になるとそれが治るまでに数時間、長い時は3日間ぐらい続く人がいます。

 ニオイに反応する人、白い眩しい光に反応(閃輝暗点(せんきあんてん)と言います)する人、人混みなどの騒がしいところに行くと症状が悪化する人が多いです。

 吐き気がしたり、痛みのピークに吐いてしまうこともあります。横になっていても、体の向きを変えただけで痛みが増します。

原因

頭の中の血管が拡がり、血管の周囲に炎症が起きることにより、近くにある三叉神経(さんさしんけい)が反応して痛みを脳中枢に伝えることで頭痛になると考えられています。

血管を拡げてしまうものに、低気圧、緊張感の緩み、お酒などがあります。

混合型頭痛

特徴

混合型頭痛とは、偏頭痛と緊張型頭痛の症状をあわせ持った頭痛です。日常的に緊張型頭痛があり、周期的に偏頭痛がある方です。

偏頭痛の大半の方は、この混合型頭痛です。

原因

緊張型頭痛と偏頭痛の原因をご覧ください。

群発頭痛

特徴

 群発頭痛とは、どちらかの目の奥が激しく痛む頭痛で、目の奥をえぐられるように感じたり、ハンマーで頭を殴られるような激しい頭痛です。

 年に1〜2回激しい頭痛に襲われたり、2〜3年に1回の割合で頭痛が起きることもあります。1回の頭痛は、1〜2時間で治りますが、それが1〜2ヶ月間、ほとんど毎日起きます。目の奥が傷んでいるときは、その痛みのある側の目は真っ赤に充血したり、涙がポロポロ溢れ出す症状があります。

 群発頭痛は、男性に多い頭痛です。

原因

頭の中の血管が拡がり、特に目の奥の血管の周囲に炎症が起きることにより、痛みを脳中枢に伝えることで頭痛になると考えられています。ただ、詳しいことは分かっていません。

薬物乱用頭痛

特徴

薬物乱用頭痛とは、もともと偏頭痛や緊張型頭痛を有している方が、日常的に市販、医療用の鎮痛剤、エルゴタミン、トリプタンなどの薬を飲んで起こる頭痛です。

・鎮痛剤やトリプタン製剤を過去3ヶ月以上定期的に服用
・朝から頭痛があり、鎮痛剤を常用している
・頭痛が怖くて、予防的に鎮痛剤を服用している

上記のいずれかの条件で1ヶ月に15日以上薬を飲んでいる方です。

原因

頭痛薬を頻繁に服用されることにより頭痛の頻度や程度が慢性化した頭痛です。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

052-746-2123

<受付時間>9:00~19:15
     土曜は17時まで
<定休日>日曜
     祝日は不定休

LINE、フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/1/17
ホームページをリニューアルしました

さくら本町整体院

住所

〒457-0006
愛知県名古屋市南区鳥栖1-15-24 サン鳥栖 301号

アクセス

名古屋市営地下鉄 桜通線 桜本町駅1番出口より徒歩30秒
駐車場:コインパーキング利用・駐車券進呈サービスあり

受付時間

9:00~19:15
(土曜は17:00まで)

定休日

日曜(祝日は不定休)